株式投資の初心者が陥りがちな失敗について紹介します。
この失敗をしてしまうと、株式投資が楽しくなくなり、スキルアップすることも難しくなります。同じ失敗をしないよう注意しましょう。

集中投資

初心者がしてしまいがちなのが、「集中投資」という投資法です。
自分が持っている株投資のための資金を、集中して投資してしまう誤りです。
例えば、株に使える資金が100万円の人が、Aという株に100万円使ってしまったらどうなるでしょうか。

A株が株価を下げたときに、大きく資金を減らしてしまうことになります。
仮に紙くず同然まで株価が下がってしまったら、大きな損失をとり返すことがほとんど不可能になります。仮にA株に50万円だけ投資をしていたら、まだ50万円の資金が残っています。

その50万円を使って、損失を挽回するチャンスが残されていることになります。また、A株と同時に、A株とはまるで性質の違う株である、B株に投資をしていたら、A株は株価を下げる一方で、B株は株価を上げていたかもしれません。

そうすれば、損失と利益で相殺することができます。
いきなり集中投資をしてしまい、損失を出すと、その後、株取引を続けることができなくなります。
株は怖いという印象しか残らず、取引ができないためスキルアップもできなくなるのです。

ナンピン

初心者がしてしまいがちな投資法に「ナンピン」があります。例えばC株を10万円で購入したとします。
その後、株価が下がり5万円になってしまいました。
ここで、損切をすれば5万円の損で済みますが、初心者の場合は、そのように考えることが難しいものです。上がると思って買った株が、半分に値を下げた時、「儲ける絶好のチャンスだ」と考えてしまうのです。

少なくとも元値に戻るに違いないからと、5万円分の株を買い足してしまいます。このような投資法をナンピンと呼びます。
うまく元値に戻った時は、5万円の損失がゼロになり、5万円で購入した株が倍になるため、5万円の儲けになります。しかし、事がそううまくいくとは限りません。
さらに値を下げて3万円になってしまうことも十分に考えられます。
すると最初に購入した株の損失が7万円になり、ナンピン買いをした株の損失が2万円加わります。

結果的に9万円の損失に、傷口が広がってしまいます。株価が下がったのには、何か理由があると考えれば、むやみにナンピンをしないほうがいいでしょう。

以上のような失敗を初心者の方はしてしまいがちです。ぜひこの記事を参考にして、同じ失敗をしないようにしましょう。