個人でネットショップを運営しているサイトの場合、特定商取引法に基づく表記のページがない事も多いですが、特定商取引法に基づく表記は法人はもちろんの事、個人のサイトでも必須となっています。

その為、今現在ネットショップを運営しているけれど、そういったページを用意していない、もしくはこれからネットショップの運営を始めようと思っているのでしたら、特定商取引法に基づく表記のページ作りをすぐに始めて下さい。

いきなりそのようなページを作れと言われても、どうやって作って良いのか分からないという人も多いかも知れません。
そういった場合はネットショップ専用のレンタルサーバやブログを使っているのでしたら一度サイト内のコンテンツを確認して下さい。

ネットショップに特定商取引法に基づく表記のページは必須ですので、ネットショップ専用のレンタルサーバやブログであれば簡単にそういったページが作れるコンテンツが用意されている事は多いです。

そのコンテンツを利用する事でとくに苦労する事なくしっかりとした表記ページを誰でも簡単に作る事が出来ます。

特定商取引法に基づく表記は義務ですので、ほとんどのネットショップで対応ページが用意されています。
その為、参考に出来るページも非常に多いです。

同じようなネットショップがあればそのネットショップの表記ページを一度確認してみて下さい。特別難しい内容は書かれていませんので、法律などに詳しくなくてもぱっと見ただけで何が書かれているのか理解出来るはずです。

そういったものを参考にしながら自分のネットショップにも同じような表記ページを追加して下さい。より本格的なものにしたいという場合は、消費者庁のホームページを参考にするのもおすすめです。

なんとなく面倒臭いからわざわざ特定商取引法に基づく表記のページなんて作りたくない、そういったページが無いネットショップもたくさんあるじゃないかと思われる人もいるかも知れません。

確かに今現在は罰則などはありませんので、面倒臭いからという理由で特定商取引法に基づく表記のページを作っていないネットショップもあります。

しかし、そういったネットショップは行政処分の対象にはなりますので、余計なトラブルを起こしたくないというのでしたらすぐにでも専用の表記ページを作る事をおすすめします。

個人でのネットショップの運営の場合はそれほど項目は多くありません。すぐにでも用意する事が出来ますので、これを機に作成を始めて下さい。